Welcome to my blog

HUMORESQUE

Dollたちの紙芝居ブログ

オードリーの子供時代

  • CATEGORYcinema
  • PUBLISHED ON2017/ 04/ 06/ 19:19
  • COMMENT2



長年ファンをやっていると思いもかけないことがあるもので、
昨日もいつかアップしようと思っていた『ローマの休日』関連の動画を確認しようとYouTubeを覗いたら,
このお宝のような映像が上がっていました♪

エリザベス・テーラーやマリリン・モノローの同種のものも上がっているので、
ワタシが映画本などからとんと離れているあいだに、
あちこちで映画の女神たちの秘蔵写真が発掘されていたのでしょうね。

オードリーの子供時代のスナップや、バレリーナ時代・無名女優時代の写真など、
可愛かったり、イマイチ垢抜けなかったり、
そうそう、けっこうまるぽちゃなお顔だった時代もあったりして親近感がいや増しました^^;
『ローマの休日』以降はぐんぐん洗練されて大化けとはこのこと?な印象
もちろん、元からスタイルもいいし立ち居ふるまいも優雅なんだけれど、
『眉毛』とショートヘアが与えた効果って大きいですよね。
一度引退してから映画に復帰した頃のクリクリパーマは、ああ、唯一の黒歴史かと思いますが・・・。

でも、子供の頃から一貫して変わらないのは、人柄の良さがにじみ出る笑顔かな?
先日、娘も交えて『ローマの休日』を見たんですけどね、
「ふっる~!!」などと半笑いで観ていた彼女が最後にグッと来ていたようなのを横目でみていてニ~ンマリ


シド・チャリシーをご存知?

  • CATEGORYcinema
  • PUBLISHED ON2017/ 03/ 10/ 00:00
  • COMMENT4






昨年、昔のミュージカル映画を観ていて、
名前だけしか知らなかったシド・チャリシーをふと検索してみたら、
この動画で一目惚れしてしまいました♪
ね、ね、なんかFRのドールっぽくないですか???

舞台は、パリ。
女性はソ連人よね、なんかのミッションで来ているのでしょうか・・・?
・・・って、これはグレタ・ガルボの『ニノチカ』のミュージカル版なんですって。
絹の靴下から始まって、どんどんランジェリーを着替えて行き、最後はセクスィなドレスでお出かけ♪
どうしてそんなところからそんなモノが出てくるのだっ!?というツッコミは置いといて、
もう、この美貌と脚線美、加えてダンスの美しさ♪
ぜひご堪能ください



春は名のみの・・・

  • CATEGORYBarbie
  • PUBLISHED ON2017/ 02/ 09/ 01:00
  • COMMENT7
立春を過ぎて厳寒。まあいつものことです
日足が長くなったのだけが救いかな。出掛け先から帰ってくるときも明るいからね。

ドール芝居復活にむけて鋭意努力中・・・。
・・・・・・・なのですが、広告が出てしまいました


またしても!!ですが
ヴィンテージなCMを貼り付けまする。
スキッパーちゃんみたいな三人娘が遊ぶ、バービーのドリームハウス♪

     

そもそもが大きい^^;
それをさらに『広げてつなげて使えます!!』なのが、アメリカンライフ
書割でしか知らなかったベッドルームも、ちゃんと立体で存在したんですね。
ぜひぜひ、実物を見てみたいものです^^;(関口さ~ん、次のバービー展でお願いしま~す!!)
広げると大きいけど、ちゃんと畳めてコンパクトにしまえる♪っていうのがいいわあ~♪

ああ、ウダウダ言ってないで、さあやることやっちゃお^^;



昔のCM♪

  • CATEGORYFrancie
  • PUBLISHED ON2017/ 01/ 10/ 11:50
  • COMMENT2
    フランシーがデビューしたときのCM、マテルの公式動画にアップされていました♪




んまあ、なんて可愛いの♪
それでもって、なんと素朴な(?)CMであることか^^;
ナレーション、全部子役に任せているよ。フランシー、って鼻声で呼ぶと間抜けっぽい
おや、15歳という設定だったのか。なんと洗練された15歳^^;(・・・まあバービーが17歳だからね。

もひとつ、行っちゃえ!!

髪が伸びるギミックのついた1970年発売のフランシー♪
カラーになって、ナレーションも大人がしております。



『元気なモッズ』の申し子ってコンセプトのフランシーですけれども
(日本での扱いはどっちかというと『淑やかなお嬢さん』?)
このキュートなお顔がね~、元気印な格好もドレスも上品に似合って好きなんですわ。

昨今のアメリカには困惑しか感じないけれども、
タイムマシンで行けるなら1964年から1970年頃のアメリカに行きたい♪
そして?
そりゃ、バービーが体現していたアメリカンライフを楽しみながら、
フランシーと着せ替えの数々をリアルタイムで遊びたおすんです♪
『ヘレン、新しいフランシー買ったの!?ま、それベンダブルレッグじゃない!!』(誰がヘレンだ
『うふふ、貸して上げてもいいわよキャロル♪でもあんたのフランシーのドレスと交換ね』(キャロルって?
当時のテレビドラマに出て来るような白人のオンナノコに憑依してね

いやまあ50年過ぎて、醒めたオトナの目で見直してみれば、
あちこちムリしてムシして爆走していたんだなとわかりますけどね。
CMの子役たち、きらっきらの金髪娘だし、この世界には黒人もヒスパニックもアジアンもいないよ。
でも、いろいろな人がいるのがアメリカのリアルなんだから、
昨年から現代バービーが、人種だけでなく体型も取り混ぜて展開するようになったのってスゴイことだと思うんです。

barbie-realistic-bodies-doll-real-women-2.jpg


全部集めたらきっとモブシーンが楽しい♪
だから、あとは製品のクオリティが、60年代のバービーやフランシーくらいだと最高なんだけどな。
・・・ま、ムリだけどさ。

そう、あの時代のバービーたちはね、ニッポンで作られていたのですよ♪
それを思うとなんか鼻が高くなる気が